藍子のポケモン氷統一プレイ IceUnity

ポケモンSMを氷統一で遊んでいく人のブログ

初育成論(グレイシア)

こんばんは。

今回はうちのパーティでトップレベルの活躍をしているグレイシアの育成論を投稿したいと思います。


※はじめに
・初の自前育成論につき至らぬ点があるとは思いますが、暖かい目で読んでいただけると幸いです。
ポケモンSMのレーティングバトルシーズン1にのみ焦点をあてている為、バンク解禁ポケモンへの計算や対策は全く考慮してません。
・基礎ポイントを努力値、ステータスを上からHABCDS等の育成論を読む方にとっては恐らく一般的であろう略称を使います。
・使用個体はHBCDS5VでAは不問です。

以上を踏まえて読んでください。


性格:ずぶとい

特性:アイスボディ

持ち物:ウイのみ、ゴツゴツメット

努力値:H252、B116、C68、D68
実数値:H172、A58~72、B159、C159、D124、S85

確定技:冷凍ビーム、ミラーコート
選択技:あくび(準確定)、シャドーボール、めざめるパワー



まず努力値の構成意図について説明します。
Hは耐久調整の為252、BはいじっぱりA252テッカグヤのヘビーボンバー確定耐え(火力指数60480)、DはれいせいC252ウツロイドのパワージェム確定耐え(火力指数46080)、余りをCとしています。
余りのCをDに回し136(実数値132)まで振ると控えめギルガルドのラスターカノンが乱数70%程度から乱数30%程度まで落とせ、命の珠おくびょうC252ウツロイドのパワージェムも確1から乱数70%程度でまで落とせるので好みで選択してください。
追記:投稿直後にD136振ったの時の個体値が30or31になってたことを思い出し、再計算してみたのですがDVの場合D132振りでも実数値132になるので、その余った4をCに振ると実数値1伸びるのでこちらの方がいいと思いました。


特性
ゆきがくれだと霰時に回避してしまう可能性がありミラーコートを晒すだけになる場合があるので基本的にアイスボディです。


技構成
優先度が高い順に並べていきます
ミラーコート
特殊技のダメージを2倍にして返す、この技の為だけに努力値調整をしたも同然なので必須です。
グレイシアと言えばCが130もあり特殊アタッカーとしての採用が多いと思われますが、その先入観を逆手に取り流行りのウツロイドのパワージェム、カプ・コケコの10万ボルト、ボルトチェンジなどの特殊技をうけてからの倍返しで確実に落としていきます。
純アタッカー運用と違い相手のタイプに左右されないという強みが氷統一にはとても有難いので今回はミラーコートメインでの採用です。

・冷凍ビーム
優秀なタイプ一致技、サブウェポンです。
火力指数はC68の場合21465、無振りの場合20250となります。
ミラーコートで特殊アタッカー相手に1:1交換以上を出せるだけでも十分と考えているのでダメージ計算はしていません。

・あくび
起点回避用です。
1体突破後にギルガルドが出てきた場合にキングシールド読みで当てたりグレイシアより遅いポケモンが出てきた場合にも有利に進められます。

・めざめるパワー
シャドーボールとの選択、採用するなら炎だと思います。
炎ならC無振りでもメガハッサムをほぼ確定2発で落とせます。
※ないとは思いますがD↑HD252の場合乱数2発です。

シャドーボール
火力指数はC84の場合12720、無振り場合12000となります。
無振りでもH252シールドギルガルドが確定3発です。


持ち物は対物理性能を上げるゴツゴツメットミラーコート後に行動回数を増やせる可能性のあるウイのみから選択です。


ミラーコートを使うなら持ち物の候補きあいのタスキが上がるのでは?と言う意見も出ると思いますが、グレイシアが悪くない耐久と無振りでもそこそこの火力を持っているのと氷統一パーティを使ってる身としてはマニューラユキメノコきあいのタスキを持たせたいと思っているので今回は不採用とさせて貰います。


立ち回りは特殊ポケモン相手なら殴ってきそうならミラーコート、積んだり交代してきそうならあくびをやるだけのとても単純な立ち回りです。
対物理ポケモンの場合は先手が取れるなら敵の火力を考えつつ攻撃かあくびを選択したり、後ろに重い特殊ポケモンが控えてそうなら交代したりとなります。



以上がミラーコート型グレイシアの育成論となりますが初育成論の為もっと改善できる箇所があるかもしれないので、気付きや感想などのコメントをお待ちしてます(*´꒳`*)

ちなみにCD調整に関してですが私はC4D132で使っています。

氷統一バトルツリー第1回

こんにちは。
前回の記事に書いた通り氷統一パーティでバトルツリーに挑んできました。
1.グレイシア
2.マニューラ
3.トドゼルガ
の3体で挑んだ訳ですが、11連勝止まりでした。

疲れててどんなパーティに負けたかすら覚えてないですが猫騙しを3ターン続けて撃とうとしたり露骨すぎる悪手があったのは覚えてるので、寝不足や疲労で思考力が低下している時に脳死できないポケモンは使うべきではないと痛感しました(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

話は変わりますがバイバニラのレベルが92、グレイシア2のレベルが87まで上がったので、先にこちらの育成を済ませてからレーティングバトルやバトルツリーを進めたいと思います。

今日働けば明日休みなので、明日は頑張って成果を上げたいと思います。



今回は記事が短いので現在のズタボロなレーティング成績を貼ってかさ増ししたいと思います。

氷統一バトルツリー開始

こんにちは。

昨日(今日?)の深夜レーティングバトルに潜って惨敗してきたので、今日は育成途中のポケモンの育成とバトルツリーに専念したいと思います。



氷統一を使ってる人としてブログを始めた訳ですが、氷統一を始める前は普通に氷タイプ以外のポケモンを使ってバトルツリーに潜ってました。
なので今日から氷統一でバトルツリーのスーパーシングル100連勝を目指していきたいと思います。

さっそく下記のパーティで潜ってきたいと思います。

1.オニゴーリ(メガ)
・・・鬼面爆弾、フリーズスキンによる恩返し、代爆発を主力とし1:1以上を確実に狙っていく。
2.ラプラス
・・・フリドラ波乗りの範囲の広さを活かしオニゴーリの撃ち漏らしを処理&削り要員、耐久寄りの調整の為、他二体では突破が厳しい敵を零度でゴリ押しする役割もある。
3.パルシェン
から破りからのスキルリンクつららばり、ロックブラストで抜きを狙っていく有名な型の火力要員。

以上三体でスーパーシングルに潜り、結果が出次第また記事を書くと思います。

オススメの氷ポケモンや型などあったらコメントに書いてもらえるとよろこんで参考にすると思いますし、それ以外のコメントも更新の励みになるので是非コメントしてください(*´꒳`*)



書き足し
10戦目のグズマ戦にてロックブラストを当てていれば勝てたはずだったのですが、外して9連勝止まりでした。
パルシェンへの期待度が下がったのでパーティを変更して再度挑みます。
1.グレイシア
2.マニューラ
3.トドゼルガ

惨敗

こんばんは、藍子です。
レーティングバトルに潜ってきました



















本日の勝率は2割程度です!!!

つい最近レート1300台からやっとレート1400台に戻ったしここから盛り返していくぞー!とか意気込んで居たんですが、選出ミスやRガラガラに猫騙しを撃ち始めたりなんかもう疲れてるんじゃないかって感じで惨敗でしたね、はい。

またレート1300台(1200目前)に逆戻りですねとても辛い(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)



話は変わりますが本日Rサンドパンの育成を終えました。

実戦で使ってみた感想ですが火力が足りない耐久も足りない霰の有無で立ち回りの切り替えなんて器用な事なんてもってのほか!
と散々な評価です。

キュウコンは主に壁貼りをメインとしているので光の粘土を持たせている訳ですが壁貼りを考えると霰のターンは4ターン、壁貼り後一撃でキュウコンが落ちれば良いんですが壁があるお陰で大体耐えるので2ターン目に交代orキュウコンが倒れると考えてもサンドパンがゆきかきを使えるターンは3ターンしかない訳ですね。
その3ターンの内1ターンは積みに回したいので実質2ターン程度しか早く動けないわけですよ、なんかもうサンドパンは霰に依存する構成はやめた方がいいんじゃないかなと思って再構成案を模索中です。

氷統一は勝てる時はとても気持ちのいい勝ち方ばかりなので楽しいのは楽しいんですがその勝ちを掴むのが難し過ぎて辛いですね...
とりあえずレート1600目指すより先に勝率4~5割程度を目指しながら頑張っていきたいと思うので応援よろしくお願いします(*๓´╰╯`๓)♡

書き足し。
初回記事やプロフィールにも氷タイプの辛い所を書いてますが、カプ・コケコ、カプ・テテフ、メガメタグロス、メガハッサム、UB全般等の所謂厨ポケを含むパーティや全てが厨ポケのパーティに対し選出を間違えなければ安定して1:1以上の戦果を見込める程の性能を個々が秘めており、実際に勝ちを収めたケースもあるので決して弱い訳ではなく私の知識、経験不足からくる選出ミスや読み違いよるものです。

このブログで氷タイプや氷統一に興味が湧いた人は是非一度使ってみてください(*´꒳`*)

初記事

ポケモンSMで氷統一をやっていくにあたり、必要なデータや情報の発信などをある程度まとめようと思いブログを開設しました。

ぶっちゃけこの記事を書く前にそこそこ時間を掛けてプロフィールを編集したので今回はその引用で終わりたいと思います


あいと申します。
マトモにレーティング潜ったのはSMが初のヒヨッコです꒰•̫͡•ོ꒱
氷タイプは攻める時は他のタイプと遜色無い性能を発揮すると思いますが、
受けに回った途端耐性1つ弱点4つと言うどのタイプと複合しても足を引っ張るような欠陥しかないような性能になります。
そんな氷タイプのポケモンのみでパーティを構成し、
まずはレート1600を目指して頑張っていきたいと思います!

使っているポケモン
ラプラス・・・相棒、エース枠。特別性能が高い訳でも無いが、勝った試合の8割くらいはラプラスが活躍してる縁の下の力持ち的な子。
グレイシア・・・ラプラスと並ぶエース枠。これまた勝った試合の8割ほど活躍しておりラプラスより華々しい姿を見せてくれる子、しかし二縦以上決めたことは無い。(2016/12/25現在)
マニューラ・・・ラプラス、グレイシアに比べ安定した活躍は無いがピンポイントではこの二体を上回る戦果を出す事もあるムラが激しい子。
Rキュウコン・・・過労枠、弱くは無いし中々に活躍はするのだが最後まで生き残っていた試合が1回しか存在しない、うちで唯一三縦を決めた事がある子。(2016/12/25現在)
オニゴーリ・・・キュウコンに並ぶ過労枠、弱くは無いがレーティングよりバトルツリーでの活躍が多い子。
ユキメノコ・・・実戦未経験、育成は終わっているがまだ使われてない子、今後の活躍に期待。
トドゼルガ・・・ラプラスのマイナーチェンジとして活躍が期待されていた!...が、ほぼほぼラプラスの方が活躍できる状況が多かった為現在は控えが多めなちょっと不遇な子。
パルシェン・・・オンリーワン、単純火力なら現パーティナンバーワンかもしれない、無傷のギルガルド相手に死に出しで逆転勝利まで持ち込んだ経験もあり爆発力の塊みたいな子だけど爆発はしない。
育成中、今後使う予定のポケモン
バイバニラ・・・完成したらうちのパーティ随一のエースになれるかもしれない子、個体値妥協した色違いなのでレベル100になるまではお預けです。
グレイシア2・・・バイバニラの育成にあたり現行のグレイシアと被る点があった為バイバニラと組ませる為に別型で育成してる子。
Rサンドパン・・・Rキュウコンと組ませる予定、Rキュウコンと組むか否かで立ち回りを切り替えられる器用な子になる予定。
デリバード・・・悲しみの330族、精一杯の役割を果たそうとするとマニューラの完全下位互換ではないか?と思うほど出来ることが被ってしまうので型すら決まってない子。

ニックネームがついたり新しいポケモンが増えたら逐一書き足していくつもりです。