読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍子のポケモン氷統一プレイ IceUnity

ポケモンSMを氷統一で遊んでいく人のブログ

初育成論(グレイシア)

育成論 ポケモン

こんばんは。

今回はうちのパーティでトップレベルの活躍をしているグレイシアの育成論を投稿したいと思います。


※はじめに
・初の自前育成論につき至らぬ点があるとは思いますが、暖かい目で読んでいただけると幸いです。
ポケモンSMのレーティングバトルシーズン1にのみ焦点をあてている為、バンク解禁ポケモンへの計算や対策は全く考慮してません。
・基礎ポイントを努力値、ステータスを上からHABCDS等の育成論を読む方にとっては恐らく一般的であろう略称を使います。
・使用個体はHBCDS5VでAは不問です。

以上を踏まえて読んでください。


性格:ずぶとい

特性:アイスボディ

持ち物:ウイのみ、ゴツゴツメット

努力値:H252、B116、C68、D68
実数値:H172、A58~72、B159、C159、D124、S85

確定技:冷凍ビーム、ミラーコート
選択技:あくび(準確定)、シャドーボール、めざめるパワー



まず努力値の構成意図について説明します。
Hは耐久調整の為252、BはいじっぱりA252テッカグヤのヘビーボンバー確定耐え(火力指数60480)、DはれいせいC252ウツロイドのパワージェム確定耐え(火力指数46080)、余りをCとしています。
余りのCをDに回し136(実数値132)まで振ると控えめギルガルドのラスターカノンが乱数70%程度から乱数30%程度まで落とせ、命の珠おくびょうC252ウツロイドのパワージェムも確1から乱数70%程度でまで落とせるので好みで選択してください。
追記:投稿直後にD136振ったの時の個体値が30or31になってたことを思い出し、再計算してみたのですがDVの場合D132振りでも実数値132になるので、その余った4をCに振ると実数値1伸びるのでこちらの方がいいと思いました。


特性
ゆきがくれだと霰時に回避してしまう可能性がありミラーコートを晒すだけになる場合があるので基本的にアイスボディです。


技構成
優先度が高い順に並べていきます
ミラーコート
特殊技のダメージを2倍にして返す、この技の為だけに努力値調整をしたも同然なので必須です。
グレイシアと言えばCが130もあり特殊アタッカーとしての採用が多いと思われますが、その先入観を逆手に取り流行りのウツロイドのパワージェム、カプ・コケコの10万ボルト、ボルトチェンジなどの特殊技をうけてからの倍返しで確実に落としていきます。
純アタッカー運用と違い相手のタイプに左右されないという強みが氷統一にはとても有難いので今回はミラーコートメインでの採用です。

・冷凍ビーム
優秀なタイプ一致技、サブウェポンです。
火力指数はC68の場合21465、無振りの場合20250となります。
ミラーコートで特殊アタッカー相手に1:1交換以上を出せるだけでも十分と考えているのでダメージ計算はしていません。

・あくび
起点回避用です。
1体突破後にギルガルドが出てきた場合にキングシールド読みで当てたりグレイシアより遅いポケモンが出てきた場合にも有利に進められます。

・めざめるパワー
シャドーボールとの選択、採用するなら炎だと思います。
炎ならC無振りでもメガハッサムをほぼ確定2発で落とせます。
※ないとは思いますがD↑HD252の場合乱数2発です。

シャドーボール
火力指数はC84の場合12720、無振り場合12000となります。
無振りでもH252シールドギルガルドが確定3発です。


持ち物は対物理性能を上げるゴツゴツメットミラーコート後に行動回数を増やせる可能性のあるウイのみから選択です。


ミラーコートを使うなら持ち物の候補きあいのタスキが上がるのでは?と言う意見も出ると思いますが、グレイシアが悪くない耐久と無振りでもそこそこの火力を持っているのと氷統一パーティを使ってる身としてはマニューラユキメノコきあいのタスキを持たせたいと思っているので今回は不採用とさせて貰います。


立ち回りは特殊ポケモン相手なら殴ってきそうならミラーコート、積んだり交代してきそうならあくびをやるだけのとても単純な立ち回りです。
対物理ポケモンの場合は先手が取れるなら敵の火力を考えつつ攻撃かあくびを選択したり、後ろに重い特殊ポケモンが控えてそうなら交代したりとなります。



以上がミラーコート型グレイシアの育成論となりますが初育成論の為もっと改善できる箇所があるかもしれないので、気付きや感想などのコメントをお待ちしてます(*´꒳`*)

ちなみにCD調整に関してですが私はC4D132で使っています。